PROFILE

上森祥平 Shohei UWAMORI

上森祥平

日本音楽コンクール第1位、及び「松下賞」受賞。各地で開催されたデビューリサイタルでは、その高い表現力や表情豊かな包容力が誌上で高く評価された。宮崎国際室内楽音楽祭でアイザック・スターン氏に師事。東京藝術大学にてヨーヨー・マ氏のマスタークラスを受講。 2001年ベルリン藝術大学に留学。2004年J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲連続演奏会で成功を収め、誌上で絶賛される。欧州各地で演奏活動の後2005年ドイツ国家演奏家資格を取得しベルリン藝術大学を卒業。帰国後ソロ・室内楽・主要オーケストラ首席客演・東京及び京都芸大での教育活動等あらゆる場面で活躍。特にドイツ三大Bチェロ作品全曲リサイタルシリーズでは大きな成功を収めた。2008年より毎年全国でバッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会を開催。ラ・フォル・ジュルネ“熱狂の日”音楽祭、 東京・春・音楽祭をはじめ、NHK・BS・FM他出演多数。小林研一郎、下野竜也等各氏の指揮のもと、東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団等と共演。京都市芸術文化特別奨励者及び京都府文化賞奨励賞受賞。2016年これまでの活動が評価され、第14回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。

福富祥子 Shoko FUKUTOMI

福富祥子

東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校、同大学を経て同大学大学院修了。ベルリン芸術大学を修了し国家演奏家資格を取得。 ローマ国際室内楽コンクール第1位、ヨーロッパ国際音楽コンクールデュオ部門最高位等、受賞多数。2005年〜2008年、3年間に渡ってドイツのデュイスブルクで開講された「ディスポキネシス・トレーナー養成コース」を受講し、ディスポキネシス協会公認トレーナー資格を取得。並行して、東京芸術大学大学院博士後期課程で特に弦楽器奏者の問題を取り上げ、演奏家の心身の調和について研究を行い、2009年博士号(音楽)を取得。九州交響楽団、エウテルペ合奏団、東京芸術大学講師と学生によるオーケストラとの協演等、ソロ・室内楽の分野で積極的な演奏活動を行うほか、様々なジャンルの奏者を対象とした「音楽家のためのからだのレッスン」を実践。 東京芸術大学・京都市立芸術大学・愛知県立芸術大学などの各音楽大学で特別講座「演奏家のためのボディワーク」やグループレッスン・ワークショップ等を行う。現在、東京芸術大学非常勤講師。